空気入れ

NO IMAGE
Sponsored Link

 だいぶ久々の更新になってしまいました…
学際の準備やらなんやらで忙しくて中々更新できないんですねー。
それに昨日は多雨に濡らされて帰ったんで今日は調子が悪いです…
いいわけですね。これからはなるべく頑張ります!
さてと、久々の記事は空気入れについて書こうと思います。
僕もそうだったんですが、初めてスポーツ系のチャリを買った方は、空気入れを買わないといけないことを知って驚いた方が多いと思います。
それで結局、安いのでいいやーとかになってその店の一番安いやつを買う。これは鉄則です!笑
僕の友達も、この前チャリを買ったんですが安いやつを買っていました!

今回バトンホイールを買った機会に、ってかバルブが入らなかっただけですが、バルブの部分だけ購入してみました!
これです!

HIRAME ポンプヘッド 横カムです!
バトンホイールを持ってる方にはおなじみ!?の製品ですね!
まぁ、空気入れは安いんですが先端だけ鬼高いというね…
空気入れよりこれのほうが高いです。確か4,400円くらい。笑
エイジ流のやり方(写真を撮り忘れたので途中まで写真なし。笑)
1、空気入れの先端にあるもともとのポンプヘッドを抜く
  →かたいかもしれないけど力いっぱい抜きます
2、抜けたらこれを空気入れの先端に入れ込みます。
  →入れ込んでいくと限界地点から動かなくなるのでそこでストップ
3、空気が出ているかの確認
とまぁこんな感じです。

安物の空気入れにつけるとこんなにもダサいのかってとこですね!笑
でも、これすごいんです。
使ってみなきゃ分からないんだけど、空気が簡単に入るし取り外しもしやすい!
やっぱり高いものにはそれなりの理由があるんだなと。こんなにも安ものと差があるんだなぁと思いました!
某セオサイクルの方に聞いたら、これを付けられるかどうかは相性ですって言われました。まったくもって参考にならない。笑
もう少しアドバイスでもしてくれればいいのになー!
皆さんも自己責任で挑戦してみては!?空気入れることが楽しくなりますよ!(自分だけか?笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。