【レビュー】BBQもできる焚き火台はユニフレーム ファイアグリルがおすすめ!

【レビュー】BBQもできる焚き火台はユニフレーム ファイアグリルがおすすめ!
Sponsored Link

BBQと焚火。それはキャンプに欠かせないものである。

これは、誰もが思うんじゃないでしょうか?
現にぼくは、キャンプに行ったら毎回BBQやりますし、焚火だってやります。「これがあるからキャンプ楽しい」と言っても過言じゃないですね!

そんなBBQと焚火ですが、BBQにはBBQ台が必要ですし、焚火だって直火NGのところは焚火台が必要になります。

でも、両方やるからといって2つのアイテムを持っていくと荷物が増えるの嫌ですよね?

1つで2役!のユニフレームファイアグリル

ユニフレームファイアグリル

「BBQ台と焚火台を2つ持っていく?そんな必要ないですよ。ユニフレームのファイアグリルならね!」とCMしたいのがこちらのユニフレームファイアグリル。
前述で紹介したように、これ一台でBBQも焚火もできちゃいます!

例えばこの状態で使えば、木を置くことができるので、焚火台になり、
ユニフレームファイアグリル

そして、この状態で使えば、BBQ台に早変わり!
ユニフレームファイアグリル

ちなみにぼくの場合は、網を上に乗せて、その上に鍋などを置いて焚火の日で調理しています。一石三鳥のアイテムですね!
※焚き火での調理に網をつかうとすすで真っ黒になるためBBQはでき無いかと思うので、BBQするときは注意が必要。

使い安い構造で誰でも簡単に組み立て可能!

組み立てはいたって簡単!3ステップで完了です。

1,まずはこの四脚を矢印の方向に開きます。
※この時に指を挟んだりするかもしれないので注意が必要です。
ユニフレームファイアグリル

2,次に、棒の先端にある、ストッパーみたいなものを上に広げます。
ユニフレームファイアグリル

3,最後に台を上に乗せれば完成です。
ユニフレームファイアグリル

どうですか?めちゃくちゃ簡単でしょ?
ユニフレームファイアグリルは、色々な役割をかって出てくれるのに、組み立ても簡単なので、本当にオススメです。

できることが広がる、オプション品も充実!

このファイアグリルには、焼きそばを焼くための鉄板やダッチオーブンをのせるための頑丈な網など、多くのオプションが用意されています。
1つのアイテムで、このようにオプションがたくさん用意されているのも嬉しいことですね!

安心の日本製だけど、火の強さとか使い方によっては、中の板や網が曲がっちゃう

ユニフレームファイアグリル

ユニフレームファイアグリルは新潟県燕市にある、made in Japanのブランドです。
そこらへんの海外製じゃなくて日本製ってだけで、かなりの安心感ありますよね!

ぼくは車から道路に落としたり、結構雑に扱ってしまっているんですが、各部位の作りはしっかりしていて、壊れたりはしていません。この耐久性も魅力的ですね!

ただ、焚き火などを行い、強い火の勢いを保ってしまうと、網や空気の通りを良くする鉄板が曲がってしまいました。
まぁ、曲がったっていっても、これくらいならまだまだ利用問題ないんですけど、気になる人には気になるかもしれません。


こんな、ユニフレームファイアグリルは通常の大きさとラージタイプの2通りの大きさが発売されています。BBQだけなら通常サイズでいいのですが、焚き火を行うのであれば、ラージタイプを購入してもいいかもしれませんね!

使い勝手が良くて、メイドインジャパンなのに、価格もお買い得でとてもおすすめです!みなさんも是非お試しください!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。