【レビュー】ラージタイプのグリル(ヘビーロストル)を普通のファイアーグリルに使ってみたよ!

【レビュー】ラージタイプのグリル(ヘビーロストル)を普通のファイアーグリルに使ってみたよ!
Sponsored Link

キャンプ場での料理は、ほとんど焚き火でやってます。こんにちは!えいじです。

ぼくはキャンプ始めた時は、コールマンのシングルバーナーを使ってご飯作っていたんですけど、焚き火をおこしてせっかく火があるんだから、これで調理したほうがお得だな!とおもい、それ以来焚き火中心に料理しています。

バーナーだと、ささっと料理できて、ススもつかないから楽々できちゃうんですけど、焚き火だと火加減の調整とかその辺をぐだぐだやるのが好きなんですよね〜。

さて、そんな焚き火料理人のぼくがずっと欲しかったアイテムを購入しました!

ファイアーグリルヘビーロストル

ファイアグリルヘビーロストル

今回は網の上にダッチオーブンをおいても大丈夫という、ファイアーグリルのヘビーロストルを購入しました!

以前にも紹介したように、ファイアーグリルには最初に網がセットで用意されています。この網はBBQなどを行うのには最適なのですが、その上で調理を行うには少々適しておりません。ぼくの使っている、普通のフライパンでさえ上に乗っけていると曲がってしまうほどなので、強度がないんですよね〜。まぁ、網だからしょうがないか!

それに比べてこのファイアーグリルヘビーロストルはダッチオーブンなどの鉄製で思い調理用品を置いても大丈夫という優れもの!素晴らしい!普段から焚き火で料理を行うぼくたちにはありがたいアイテムですね!

今回、こんなアイテムをちょっと特殊な買い方を行ったので、それについてご紹介しようと思います。

通常サイズのファイアーグリルにラージサイズのヘビーロストルを設置

今回購入したヘビーロストルは、ファイアーグリルのラージサイズに適したサイズのものを購入しました!

購入した理由としては下記の3点が上げられます。

1,普通のサイズにラージサイズを載せることで火加減の調整がしやすくなる。

ファイアグリルヘビーロストル

通常サイズでら網を乗せた時に、薪や炭を入れやすいように、スペースが空いています。ただ、このスペース。実はご飯を炊くときの日の調整をするスペースにちょうど良いのです。

というのも、飯盒でご飯を炊くときは初めは強火で日にかける必要があるのですが、飯盒から泡が吹き出てきた時には、弱火で加熱を続けなければなりません。飯盒を火にかけている時には、他の料理(カレーとか)も一緒に火にかけていることが大半なので、少しでも火を弱めてしまうと、ほかの料理にも影響が出てしまいます。

そのため、今までは火加減の調整をすることがめちゃくちゃ大変だったのですが、ラージサイズのヘビーロストルを使うことで、常時弱火のエリアができ、効率的に調理を行うことができるようになりました!

2,調理スペースがめちゃくちゃ広くなる。

千代田湖キャンプ場

これを言うならもともとラージサイズ買えよって感じですが、通常サイズだと焚き火で料理をする際にサイズが小さすぎて料理がしづらいんですよね。

ただ、ラージサイズは元々がめちゃくちゃでかい設計なので、より多くの鍋をヘビーロストルの上に設置することが可能です。これすげー便利です!
写真のように、3つの鍋を設置しても問題なしです!

3,純粋に通常サイズのファイアーグリルにラージサイズが載せられるか興味があった

どんなアイテムでも、決まりごとって大体ありますよね。
「これは、◯◯専用商品です」みたいなやつです。

でも、そういうのって実は他のに良い感じで使えるとかってパターンが結構多いんですよ!
今回はそのパターンを想定してでっかいやつ買いました!

まぁ、大は小を兼ねると言いますしね!笑

ファイアーグリルヘビーロストルを使ってみて

ファイアグリルヘビーロストル

ヘビーロストルの感想なんですが、焚き火などで料理する方には必ず買ってもらいたい一品ですねこれ!

鍋をいくつ乗っけてもビクともしなかったので、頑丈ですし、これは長く使えそうですよ〜!
久々に買ってよかったと思える品でした!!

ちなみに、通常サイズのファイアーグリルにラージサイズを設置した件については、こちらも何事もなく使えました。

デメリットとしては、ファイアーグリルの網を固定するための足にかっちりとフィットしない(フィットするんですが、やはりちゃんとした大きさのものと比べるとダメですね)ことと、あと、1番の欠点なのは薪を入れづらいことですね!

ファイアーグリルのデッドスペースは薪を入れるためにちゃんと考えられたスペースだったということがしっかりわかりました。笑


焚き火をする方には是非ヘビーロストルを使ってもらいたいなと思います!
ただ、今回の経験を通じて、「大は小を兼ねる」ということを学んだので、焚き火で調理したい方は、できればラージタイプを購入することをおすすめしたいと思います。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。