今年こそはキャンプデビューしたいという方へ送る。最低限必要なキャンプ7つ道具!

今年こそはキャンプデビューしたいという方へ送る。最低限必要なキャンプ7つ道具!
Sponsored Link

2017年も始まりましたが、今年こそはキャンプに挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか?
初めてキャンプを始める方が、まず悩むのがキャンプアイテムの購入です。何を買えば良いかもわからないし、キャンプの道具って以外にお金がかかるので、いっぺんに購入してしまうと金欠に陥ってしまい、本当に欲しかったメーカーの道具を買うことができないなんてこともあると思います。

そこで、今年の8月の夏休み(お盆休み)にキャンプを行うことを目標として、1月から7月にかけて、1ヶ月に1つずつキャンプの際に最低限必要なアイテムを購入する予定表を作ってみました!
是非参考にしていただければと思います!!!

キャンプ買い揃えカレンダー目次

1月:テント

DSC_2938

1月はキャンプで最も大事なプライベート空間を作るためのテントを購入してください。
行く人の人数にや行く場所にもよりますが、基本的には、行く人数に+1〜2名のキャパを持っているテントを購入することをおすすめします。

というのも、テントに記載がある1人用や2人用などはあくまでもその中で寝れる人数で、中に荷物などを置くことはできません。
登山などでは、テントの室内と外の間に当たる前室という場所に荷物を置くと良いのですが、通常のキャンプの場合、荷物はできればテントの中に入れたほうが良いと思うので、このようにおすすめしました!

もし、もう1つアイテム購入できるなら…

ペグを購入しましょう!
基本的には、テントを買った際に、ペグは付属品でついてくるので、それを使えば設営は可能です。
だけど、付属品のペグはもろいんですよね。硬い地面などだったら、すぐに曲がってしまいます。
なので、もしお金の余裕があれば購入することをおすすめします!

2月:グランドシート

キャンプをしたことない方は、テントって地べたにそのまま立てていると思っている方がほとんどだと思います。
でも実は、グランドシートというシートを地面に引いているんです。

キャンプは自然の中で行うものなので、地面に何が有るかわかりません。
テントをそのまま立ててしまうと、場合によっては底に穴が空いてしまい使えなくなってしまうことだってあるんです。グランドシートは、そういった危険性からテントを守る役目を果たしてくれるのです。
ちなみに、このグランドシートですが、別に「グランドシート」という商品を買わなくても大丈夫です。スーパーなどに売っているブルーシートやピクニックに使うシートでも代用できますから、好きな方を選んでくださいね!

もし、もう1つアイテム購入できるなら…

テントを固定するためのハンマーを買いましょう!
ペグ同様にハンマーも付属でついているんですが、プラスチック製なのでペグを打つごとにハンマーのうつ面がボコボコへっこみますし、中々ペグがかからないんです…
それに比べ、しっかりとしたハンマーを使うと、プラスチック製のものよりも楽にベグうちができるので、おすすめです!

3月:コット

テントに初めて泊まった際に、一番大事にしてほしいのは寝心地です。
テント泊は設営で力を使い体が疲れるし、普段なら寝ないような場所で寝るという緊張でリラックスできない方が多くいらっしゃいます。
そのため、疲れをとったりリラックスできる環境を用意するのは大事なことなんです。

テントを張るところは、平らなところを選ぶのが良いのですが、どうしても木の根っこや石などが下に紛れ込んでしまっている場合があり、それが気になって眠れないこともあります。
そういった際に役立つのがコットです。コットは、アウトドア用のベットのようなもので、地面に直接寝るわけではなくなるので、普段と同じような感覚で眠ることができます。

もし、もう1つアイテム購入できるなら…

寝袋買ってください。笑
そもそも7つ道具にはいってないのかよと言われそうですが、夏ならなくても大丈夫!
もし必要だったとしても、家のタオルケットとかで代用は可能ですよ!
ただ、山奥のキャンプ場へ行く方などは、温度が低くなることが想定されますので、寝袋は購入しておいてくださいね!

4月:ランタン

キャンプ場にもよりますが、基本的に夜は真っ暗で手元は何も見えなくなります。
そのため、明かりを灯すためのアイテムが必要になります。
ランタンは、テントの中にかけて使うことでテント内を明るくしてくれますし、持ち歩くことで、懐中電灯の代わりにも使えるんです。

もし、もう1つアイテム購入できるなら…

ランタンを懐中電灯代わりにできると言いましたが、できれば、ランタンはテント内。外に出るときはヘッドライトを使うことをおすすめします。
ランタンは、必ずどちらかの手で持たなければならないので、片方の手が塞がってしまうんですが、ヘッドライトならどちらの手もあけたまま作業することができ便利です。トイレとかはヘッドライトのほうが圧倒的にいいですね!

5月:バーナー

トラメジーノ
食も大事ですよね〜
準備をしっかりとしてくれば、美味しい料理ができるんですが、必要最低限のアイテムではそんなことも言ってられません。
お湯をわかすためのバーナーを用意してください。

これがあれば、お湯を沸かしてインスタントラーメンにそそげばすぐにご飯が完成します!!


もし、もう1つアイテム購入できるなら…

小滝沢キャンプ場

焚き火台を購入しましょう!
焚き火はキャンプの醍醐味とも言えます。
火を見ているときの非日常感は最高ですし、ストレスの発散にもなりますよ!

6月:コッヘル

必要最低限のアイテムなので、1つで何役もこなして貰う必要があります。
コッヘルなら、お湯をためることもできれば、何かを炒めることもできるので、とても便利です。
ぼくもバーナーとコッヘルはいつもキャンプに持ち歩いており、あったかいお茶が飲みたい時にさっとお湯を温めるときなどに利用しています。

7月:チェア

チェアはテントの外で自然をボーッと眺めてみたり、読書したり、食事をする時に使ってください。
ぼくは普段は大きい椅子を持ち歩いているんですが、ソロキャンプならローチャアがいいですね〜!

もし、もう1つアイテム購入できるなら…

机を購入することをおすすめします!
小さくてもいいんです。地べたに置くのではなく、机に置くことで安定性が増しますので、こぼしたり落としたりすることも減るはずですよ!


こんな感じでまとめてみました!
1月から少しずつ購入していけば8月にはバッチリキャンプの準備ができると思いますよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。