長野県の御座松キャンプ場はオートキャンプできるしウォシュレット完備だし無料とは思えない最強のクオリティ!

長野県の御座松キャンプ場はオートキャンプできるしウォシュレット完備だし無料とは思えない最強のクオリティ!
Sponsored Link

こんにちは!えいじです。
普段から無料キャンプ場巡りをしているぼくには、行きたかったけど行ったことがないキャンプ場がありました。
なぜ行きたかったのに行かなかったのかというと、長野県の上伊那郡というところにあるため、ぼくが住んでいる地域から、とにかく遠いんですよね。
ただ、ここ最近キャンプに行っていないという心の寂しさから、少し遠出してそのキャンプ場に行くことにしました。

御座松キャンプ場とは

御座松キャンプ場

今回向かったキャンプ場は御座松(ござまつ)キャンプ場という場所。
長野県の無料キャンプ場としてはマイナーな場所だと思います。
その理由は、場所のわかりづらさ。

GoogleMAPやカーナビなんかだと、キャンプ場の名前が出ているのでそれを目安に向かうんだけど、ナビの説明通りに行っても、キャンプ場にたどり着けないわけです。
現に僕らもナビ通りに向かったのだが、少し迷子になりかけてなんとかキャンプ場に行くことができたわけで…
来ていたキャンパーさんも大体は地元の方だったので、遠方の人はあまり使わない場所なんでしょうね。

御座松キャンプ場に行くときは、基本的には赤いラインの部分を走ると思うんですが、ファミマを目印に十字路を曲がり、緑色のラインに沿って車を走らせてください。
そうするとこんな感じの大きな看板がでてきます。

御座松キャンプ場

これが、御座松キャンプ場の入り口です。
正面からの看板は撮り忘れていたんですが、こんな感じのでかい看板が目印になります。
横に、車が一台通れるくらいの細い路地があるのでそこを降りていきます。

御座松キャンプ場

すると少しひらけた場所に出るので、そこが御座松キャンプ場です。

御座松キャンプ場
御座松キャンプ場

御座松キャンプ場は、こんな感じで川沿いに整備されたら土手部分に整備されたキャンプ場です。
車を近くまで持って行くことができるので、無料なのにもかかわらずオートキャンプを楽しめるのがこのキャンプ場の特徴ですね!

その他きになる情報

  • 水場:あるけど飲み水にはできない
  • 最寄りのスーパー:車で15分くらいのところにAコープや道の駅がある。
  • 携帯電話:docomo,softbankともにLTEが入ります。
    softbankについてはたまに3Gになる。

無料キャンプ場としては異例の充実した設備

御座松キャンプ場は無料なのにオートキャンプができるしかまども用意されているなど、充実した設備なのですが、そんな設備なんてどうでも良く感じてしまうほど、素晴らしい設備がこのキャンプ場には用意されているのです!

それがこれだー!!!!!

御座松キャンプ場

「ただのきれいなトイレじゃねーか」そんな風に思った人は多いはずだ。
しかし、このトイレはただのトイレではない!
ウォシュレット付きの最先端トイレなのだぞー!!!

御座松キャンプ場

今まで色々なキャンプ場に行ってきましたが、ここのキャンプ場はどのトイレにも勝るほどきれいでしたよ!
本当にここを無料で使って良いのかと疑うくらいきれいっす!!!
今までキャンプ場に行って、トイレの写真は撮ったことがなかったんですが、あまりにきれいだったので、ついつい写真撮っちゃいましたよ!笑

「私、トイレきれいじゃないと用が足せないの」という綺麗好きなあなた!
御座松キャンプ場は温便座+ウォシュレット付きだから存分にう◯こできるぞ!!!

川が見えるところにテントを張りました

御座松キャンプ場

ってな感じで、ついた瞬間からテンションが上がりっぱなしでしたが、寝床を決めないといけないので、場内を歩き、今回はこの場所にテントを張ることにしました!
テントから川が見え、隣に人が来ない最高のスポットです。
テーブルはかまどがある森の中に立てることで、とても広くスペースを使うことができましたし、タープを張る必要がないので、準備も楽チンでした。

御座松キャンプ場

しかし、実はこの土手。
アリさんの巣が大量にあるようで、テントの外側がありだらけになってしまったため、仕方がなくテーブルを設置してる森側に移動させました。笑

御座松キャンプ場

でも森の中に動かして正解でした。
日もちょうど良いぐらい当たるし、心地よい暖かさで本当に快適でしたよ〜!

橋を渡ると誰も踏み入れていない雰囲気に

御座松キャンプ場

御座松キャンプ場はオートキャンプができて、トイレや水場が近いエリアと、あまり人が近寄らなさそうなエリアの2つに分かれています。
なぜあまり人が近寄らないかというと、オートキャンプエリアから橋を渡って向かわないといけないので、ちょっとめんどくさいが故に、誰も行かないんだろうと推測できるわけであります。
ただ、この誰も行かないエリアはすごく魅力的な場所でもあるんです。
その魅力的なエリアへ向かうには、この吊り橋を渡ることになるんですが、床板が木なのですぐに壊れそうという印象があるのと、耐荷重がたしか180キロとかなので、大人数が乗ったらアウトだというスリルがまず楽しい。

御座松キャンプ場
御座松キャンプ場

そして、何と言ってもこの景色。
自然もありながら、焚き火の跡やちょっとしたゴミなど、かつてはキャンパーで賑わっていたんだろうなと想像することができる寂しい雰囲気が最高に良いんですよ。

御座松キャンプ場

切り株に新しい命が宿っている二代松も見ることができるなど、あまり人が立ち入らなくて、自然と草木が成長している様子を見ることができる。
大体の方がトイレが近くってオートキャンプができる場所を選ぶので静かに過ごしたいという方は、橋を渡った向こう側でキャンプするのも良いかもしれませんね。

御座松キャンプ場

あでも、こんな感じでクマやハチの注意書きもあるので人気が多いところにいた方が良いかもです…

川では魚が釣れるそう

御座松キャンプ場

近くに流れている川はとてもきれいで、魚が釣れるみたいなんです。
みなさん釣竿を持ってきて釣りをされてましたね〜

パッと見た感じ魚影もなかったし、釣っているシーンを一度も見ていないので、本当に釣れるんでしょうか…

ちなみにぼくらは、もちろん釣竿なんて持ってきていないので、川に入って遊んだんですが、この時期でも川は冷たいですね。。
入っちゃえば大丈夫かもしれないですけど、足だけ浸かると冷たいし、痛いのなんのって…

御座松キャンプ場

なんでこんな感じで飲み物を冷やしておくのにはちょうど良いんじゃないでしょうかね。
いや〜なんだか夏らしい雰囲気になりましたね!

現地での薪集めも楽々でした!

御座松キャンプ場

今までのキャンプに使用していた木は、大工さんである嫁のお父さんから、余った木をもらったものを使っていたんですが、今回は初めて薪拾いに挑戦してみました!

御座松キャンプ場があるこの場所は、国が所有している土石流を防ぐための役割をもつ森で、とてもきれいに管理されています。
ある程度木を大きくするために、木の間引きなどをしているようで、いたるところに木が落ちていました!
僕らが行った時には、その木々はカラカラに乾燥しており、焚き火にちょうど良い木だったので、ありがたく集めて使用させていただきました。

松ぼっくりや松の葉っぱなどもたくさん落ちているので着火も楽々で、本当に焚き火をするには困らない場所でしたよ〜

御座松キャンプ場まとめ

御座松キャンプ場は、買い出しも楽々、トイレもキレイ、必要最低限の設備が整っているなど、総合的に見るとめちゃくちゃ良いキャンプ場でした!
ぼくが住んでいるところからは、行くだけでも5時間くらいかかってしまうので、一泊だけだともったいなかったんですが、「連休にはまた行きたいな」と思う素敵な場所でした。

御座松キャンプ場

〒399-3705 長野県上伊那郡飯島町七久保

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。