《レビュー》ダイソー100円ショップで売っている、ニッケル水素電池の充電器を使ってPanasonicEVOLTAを充電してみた。

《レビュー》ダイソー100円ショップで売っている、ニッケル水素電池の充電器を使ってPanasonicEVOLTAを充電してみた。
Sponsored Link

最近商品の低価格化はどんどん進んでますよね〜。4Kのテレビもめちゃくちゃ安くなってきて誰でも手が出しやすくなってきています。

そんな今日、かつて何千円もしたものが数100円で売られているんです。前々から怪しいなと思って買わなかったんですが、今回、勇気を振り絞って購入してみました!

100均の何度も使える充電電池と充電器

ReVOLTES

充電できる電池として有名なのはエネループですが、実は100均でも同様の商品を発売しています。

その名もReVOLTES
うーん。実に怪しい。笑

100均にはすごく良い商品がたくさんありますが、こういった類の商品は、本当に使えるのかなど不安になることが多いです。
現に、100均の電池売り場でも埃をかぶった充電電池や、その充電器を目にすることがあります。
僕以外の方々も同様に心配しているんでしょうね。笑

今回はそんな100均のエネループに付いてご紹介しようと思います。

100円で全て購入できるわけではなく、一式揃えようとすると300円かかるがその実力は!?

通常の充電電池は、電池も充電器もセットで売られていることが多いんですが、ReVOLTESは充電器と電池が別々で販売されています。

なので、1式揃えようとすると、最低でも300円(税抜き)は必要になるんです。
これも購入する際のハードルになっていると思いますが、購入する価値は十分にあると思います。ぼくは自転車のライト用として利用しているんですが、何度も繰り返し使えますし、普通の電池となんら変わらないです。300円でこのクオリティなら素晴らしいと思います。

ちなみに、エネループは1.2V700mAhなのに対し、このReVOLTESも同じ数値のようです。数値的には同じなので、おそらく総使用回数とかで差が出るんでしょうね!

ReVOLTESの充電器を詳しくチェック!

ReVOLTES充電器

では、ReVOLTESを詳しくチェックしていこうと思います。まずは充電器です。

蓋はロックもできず、パタパタでいつ壊れてもおかしくないようなものです。ちゃっちさを感じますね。笑
ただ、実はこの充電器は単3も単4も充電できるスーパー充電器なんです!
それを可能にしているのが、このバネです。

ReVOLTES充電器

小さい電池の場合は前に出て、固定ができ、大きい電池の場合は後ろに下がって充電することができます。
ただ、単3の電池だと、このバネがぎゅうぎゅうに固定してしまうんで、2本電池を入れてしまうと、抜くことがハンパなく難しいんです。

ぼくの場合は、棒を使って無理やりとりましたが、単3の場合は、1本ずつ充電するのをオススメします!

PanasonicのEVOLTAを100均の充電器で充電してみた!

ReVOLTES充電器

実は我が家にはPanasonicEVOLTAが2本だけなぜかあるんです。これだけあっても充電できないからどうしようかなと思っていたんですが、そんな時に思いついたのは、100均の充電器でEVOLTAを充電するということです!

100円の充電電池はニッケル水素電池で、充電器もニッケル水素電池専用となっています。ちなみに、EVOLTAやエネループなどの、世の中で有名な充電電池は全てニッケル水素電池なんです。要するに、100均の充電器でEVOLTAやエネループを充電できるのに対し、その逆も言えるわけです。

とは言え、試してみないと怖いっすよね…
今回、実際に試してみましたよ!!

100均の充電器でEVOLTAを充電してみたんですが、問題なく充電することができました!これは素晴らしい!
EVOLTAやエネループなどの有名どころの電池は高いので、初期のセットだけ購入し、電池単体は、100均で購入するのも良いかもしれませんね!


充電機械の精密性や使い勝手、電池の繰り返し使える回数のことを考えると、もちろんEVOLTAやエネループの方が良いと思います。
ただ、今までに充電電池を使ったことがない方が入門用として気軽に始めるアイテムとしては良いのではないかと思います!

是非お試しくださいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。