基礎筋力がないからこそジムに行くべき理由

基礎筋力がないからこそジムに行くべき理由
Sponsored Link

こんにちは!えいじです。
実はぼく、つい最近まで「普段から自転車に乗っているから運動しているんだ」なんていう言い訳をして、筋トレなどの運動を拒んできました。
いや、正確にいうと拒んでいたわけではなくて、やろうと思ったこともあったんですが、筋トレをやろうとした時に、体が思った以上に動かず毎回挫折していたわけです。

しかし、こんなんじゃダメだと一念発起しまして、先日ジムに行ってきたんです。

色々な機材を使ったんですが、昔と同じ重さでできるものってほとんどなかったですね〜
それに、筋トレをした当日からずーっと筋肉痛。
たった今もスマホで記事を書いているんですが、スマホを目の前に持って来るだけでも体が痛いです。笑

しかし、ジムに行ってきたことで、これからも筋トレを続けられそうだなという手応えをつかんだわけです。
今日はその理由をご紹介しましょう。

人に見られているというだけで頑張れる

「筋トレは家でやるだけで充分だ」って記事を以前ネットでみたことがあるんですが、それって一部正しいんですけど、ある意味間違っているってことがわかりました。

例えば、つい最近まで運動していましたよ!っていうような方は家での筋トレは充分に可能です。
基礎筋力がついているわけですから、家でのトレーニングも一通りこなすことができ、挫折感を味合わないんです。

しかし、筋力が低下している人はどうでしょうか。
「以前はここまでできたから」と思って、以前と同じように自宅で筋トレをしても、理想通り体を動かすことができず、挫折してしまうのがオチです。
現にぼくもそうでした。

なので、少しブランクがあって昔のように筋肉をつけていきたいって人には、ジムでのトレーニングをオススメしたいと思います。

その理由はただ1つ。


人に見られているという意識だけで、普段より頑張れるから

 

人間って、人には頑張っている姿を見せたがるものなんです。
家だと、最後の一回ができない時にやめてしまうことができますが、ジムだと、周りにもトレーニングしている方がいて、その人たちに負けたくないという一心で、最後の一回を無理してでもやってしまうのです。

機材を使うだけで、筋トレが捗る

家で筋トレするときは、自分の体重を使って腕立て伏せをしたり腹筋をしたりと、機材を使うことって少ないですよね?
機材がないってことは、やる気が起きないんですよ。

というのも、なにか新しく始める時って新しい道具を買ってモチベーションを出すと思うんです。
それと同じで、筋トレを始める時にも「ジム」という新しい要素を自分にプレゼントしてあげることが大事になるわけです。
機材があるだけで、「あれやってみよう」とか「これやってみよう」などの好奇心が出て筋トレが長続きするんですよね。

それに、普段ダラダラしている家で筋トレなんてできないですよ。
家は休むところ、ジムは筋トレするところっていうメリハリをつけるのが大事ですね!


ぼくは月4回まで通えるコースでジムに挑戦しようと思っています。
ジム行くだけで痩せないのはわかっているので、まずは少しずつ筋力を取り戻すことを目標に頑張っていこうと思います!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。