普段は首都圏でしか車を運転しないぼくが、雪道を運転して感じたこと3つ

普段は首都圏でしか車を運転しないぼくが、雪道を運転して感じたこと3つ
Sponsored Link

こんにちは!えいじです。
先日北海道の帯広に行ってました!
冬の北海道は基本的には電車やバスで移動するようにしていたんですが、今回はちょっと色々と足を伸ばしたかったのでレンタカーを借りてみました。

借りたはいいんですけど、実は雪道を車で走ったことが今までに一度もなかったんです。
大丈夫かなとビクビクしていたんですが、無事に千葉に帰ってくることができたので、初めて雪道を走った感想を書こうと思います!

1,雪の道は思ったよりも滑らない!?

冬のレンタカー

スタッドレスタイヤってどれくらいの能力があるのか未知数だったんですが、こいつすごいんですよ。
最初はビクビク運転していたんですが、ブレーキも普通に効くし、カーブでスピンもしなかったし意外と普段通り走ることができたんです。
おそらくなんですが、関東とかで普通に運転をしている方なら雪道でも問題なく運転ができると思います。

ただし、普段通りと行ってもそこは雪道。

 

急ブレーキ・急ハンドルはご法度!

 

ハンドルはゆっくりと切る、ブレーキは早め、車間距離も開けることは必須なので、いつも以上に気を使って運転しましょうね。

2,車がめちゃくちゃ汚れる。特に後方!

冬のレンタカー

雪道走っていると、雪がそのままくっついてきたり、溶けた雪が水となり車にかかったりします。
その雪や水に砂とかが混ざっているんでしょうね〜
走っているうちにくるまがみるみるうちに汚れていくんです。

その中でも一番汚れるのが車の後ろ側です。
窓ガラスなんかは、後方の景色が見えなくなるくらい汚れちゃいますよ!
ワイパー動かして、後方の視界確保することが大事ですね!!

3,車の下に氷柱ができる

冬のレンタカー

先程の汚れると近いと思うんですが、雪が飛んでくるから車の下に氷柱みたいなものができます。
これができるからなにかあるってわけじゃないんですけど、普段は見れないものなんでなんだか嬉しかったという報告です。笑

よく目にする雪道を紹介するぞ!

今回、吹雪の中や新雪の上、ちょっと溶けた雪道など色々な条件下で走ることができました。
最後に、その中でもよく目にする雪道を2つピックアップしご紹介します!

・フワッフワの新雪

雪道
新雪は本当にふわふわしていて車では走りづらかったですね〜
砂浜を車で走るような感じで、ハンドルは切っていないけど、車が少し横に曲がったりしちゃいます。
こういう道が来たら、普通よりもスピードを落としたほうが良いですよ!

・車が何回も走ったような道路

雪道
基本的には、タイヤの跡がついている所を走れば問題ないんですけど、たまに凍っているところがあってそういうところは”しゅしゅしゅっ”と滑ります。
急ブレーキ、急ハンドルとかしなければ基本的にはなんてことない道ですね!


雪道でもゆっくりと気をつけて乗っていれば基本的にはなんにも問題無いはずです。
ただ、なれていない方はできれば夜の運転は避けたほうが良いかもね…

みなさんも気をつけて雪道のドライブをお楽しみくださいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。