ピストバイクとカメラなブログ|PisCam

逗子から久里浜まで、約54キロ三浦半島を巡るサイクリングに男4人で行ってきたぞ!

2017/05/09 ゆで卵えいじ 0 Comments

Sponsored Link

こんにちは!えいじです。
GW初日に大学の友人たちと、三浦半島ライドに行ってきました!
ぼくは三浦半島に行くこと自体初めてなんですけど、三浦半島はサイクリストの方本当に多いんですね!
道路のいたるところにサイクリストいるし、電車の中でも輪行している人を何人も見ましたよ。

今回は、そんな多くのサイクリストが集まってくる三浦半島の走行記録を記事にしていきます。

今回のルートをご紹介

三浦半島

今回走ってきたのは、逗子から久里浜までの54キロです。きついアップダウンはそこまで多くはありませんが、ドカンと大きい坂が2,3個ありました。
ピストならしんどいし、ロードなら良いトレーニングになりそうですね!

ちなみに、逗子をスタートにしたことと、久里浜をゴールにしたことには理由があります。
三浦半島を回ろうとすると、横須賀か久里浜をスタートにすることが多いみたいなんですが、久里浜や横須賀をスタートした場合、ゴールが逗子か鎌倉になります。

そうなると、めちゃくちゃ混んでいる駅で、電車に乗らなければいけなくなりますし、始発駅ではないから、すでに電車に人が乗った状態になっています。
その場合、輪行している自転車を置く場所が無く、自転車がかなり邪魔になってしまうのです。

始発駅である久里浜から電車に乗ることで、自転車を置くスペースを十分に確保することができるので、その後東京方面に電車が進んで混んでいったとしても、自転車が邪魔になる確率は減るのです。
三浦半島に輪行で向かおうとしている方には、この方法をオススメいたします。

スタートは逗子海岸海水浴場から

三浦半島

今回、三浦半島ライドに参加者はぼくを含めて4人。
そのうち1人が大幅に遅刻してきたこともあり、逗子駅での待ち合わせをとりやめ、逗子海岸海水浴場での待ち合わせに変更をしました。

GW初日、めちゃくちゃ暑いというわけではないですが、天気も良く、心地よい日差しが降り注いでいたので、たくさんの方が砂浜を散歩していました。

こんな海沿いを散歩できるなんて、なんてリッチな人たちなんだろうと思いながら、友人3人と話していると、遅刻していた彼が到着したので、予定より1時間ほど遅れて出発しました。

港あり、坂あり、チェックポイントありの楽しいサイクリング

走行ルートを見てもらえればわかるが、今回は海沿いの道をグルーっと走るルート。
途中で小さな漁港がありいくつかあったため、ちょっくら立ち寄ることにしてみました。
もう、漁は終わったと思われ、海藻が地面に干してあります。
雰囲気も良いし、富士山も見えるしということで、とりあえず写真撮影。

三浦半島

なんだか青春を感じる写真が撮れました。笑
「写真写りいいやん!いいやん!」言いながら、お昼ご飯を食べる城ヶ島まではまだまだ距離があるため、先を急ぎます。

途中で富士山をきれいに一望ができる、長者ヶ崎にも寄ってみました。
長者ヶ崎は特に何もない場所でしたが、こんなモニュメントが用意されていました。

三浦半島

三浦半島には全部で8個、このようなモニュメントが用意されており、サイクリングのチェックポイントとして、使われています。
各場所、特産物などを組み合わせてモチーフにしたモニュメントがあるので、是非寄ってみることをおすすめします。

長者ヶ崎を超えると、ぼくが作ったルートでは観光できるような場所はほぼなく、お昼ご飯を食べる予定の城ヶ島まで急ぎます。
ここからがとてつもなくしんどい
今回作ったルートの中で一番高低差がある場所が出てきます。

三浦半島

みんなクッタクタになりながら、なんとか城ヶ島に渡ることができる城ヶ島大橋までたどり着くことができました!
車は通行料金がかかりますが、自転車はもちろん無料です。

三浦半島

橋の上は眺めが良いんですよ〜
天気が良ければ、千葉県や富士山なんかもくっきりと見ることができますよ!

今回、城ヶ島に行った理由は紛れもなくこいつを食うため。生しらすネギトロ丼!

三浦半島

うんめーのなんのってねぇ。
丼2杯は普通に食べられちゃうような美味しさです。
詳しくは明日記事にするので、そっちをみてください。

城ヶ島は見る場所豊富な猫天国だった

城ヶ島は本当に小さな島なんですが、観光スポットがたくさんありました。
こんな感じで小さくてかわいらしい灯台や、

三浦半島

こんな感じの岩場。

三浦半島

石がたくさん積んである不思議な神社など、島の西側だけで見るところ盛りだくさんですよ!

三浦半島

そして、何と言っても猫がたくさんいるんですよ〜

三浦半島

人馴れしているんでしょうね。
触り放題なので、猫好きにはたまらない場所ですよ!

知る人ぞ知る川間ドック

三浦半島

城ヶ島を超えると、 行きたい観光スポットはあまりないので、一気に久里浜方面へ走ります。

普通に走っているだけでも十分に気持ちが良いんですが、久里浜駅にそのまま行ってしまっても面白くないので、メジャーな観光地ではない、川間ドッグという場所へ行ってきました。

現在は、シティマリーナヴェラシスというヨットハーバーの施設内にひっそりと佇んでいるんですが、実はすごく貴重なドッグなんです。

三浦半島

特にこれといって目立ったものではないですが、こういう歴史を感じられる施設は実はすごく好きなので、密かにテンションが上がっていました。
こいつを見てから久里浜駅まで戻り、今回のサイクリングは終了です。

見る場所あり、食べる場所ありの本当に充実したサイクリングでした。
なによりも、男4人ってところも楽しかったポイントですね!
次回もまたサイクリング企画して、みんなで走りに行きたいな〜

#三浦半島

Previous Post

Next Post

コメントを残す

Sponsored Link

Blogランキングに投票する

ピスト国内ぶらり旅キャンプ|